本研究室について

愛媛大学人工知能研究室自然言語処理グループでは自然言語処理または計算言語学と呼ばれる分野の研究を行っています。自然言語処理の研究のために機械学習と呼ばれる分野の研究も行っています。

自然言語処理って何?

まず、自然言語処理という言葉になじみがないかもしれません。自然言語とは英語や日本語などの人間が日常的に用いる言語のことで、自然言語処理とは、自然言語による文や文章を対象としたテキスト処理技術や研究分野のことを指します。自然言語処理の研究分野では、文や文章の構造を自動的に解析する技術、文書から知識を自動的に獲得する技術、より便利なユーザーインターフェースやサービスを提供するためのテキスト処理技術の研究・開発が行われています。自然言語処理の応用に近いところでは、仮名漢字変換や自動翻訳の研究があり、こういう研究を思い浮かべると自然言語処理というイメージがつかみやすいかもしれません。プログラミング言語の研究と区別をするために「言語処理」ではなくて「自然言語処理」という言葉が使われています。

nlp

我々が日常生活において、知識を得たり意志を伝えたり、意見を交換したりするときには自然言語を用います。人間の大きな知識の源である書籍はもちろん、コンピュータやインターネットの世界でも、膨大なウェブページやブログ、ウィキペディア、個々人の蓄積するメール、電子ドキュメント、それらは全て自然言語で記述されています。インターネット上で人間が新たな知識を得たり、新たな情報を発信したりする時にもやはり自然言語を用います。これらのメディアへのアクセスを支援する知的な言語処理を実現したり、何らかの知識や情報をこれらのメディアから抽出できたら面白いと思いませんか?自然言語処理は自然言語で記述されたメディアを処理し、知的サービスやユーザーインターフェースを提供することを目的にしています。

愛媛大学情報工学科3年生向け

当研究室の研究テーマは自然言語処理と機械学習です。この研究室では、文法理論(形式文法から言語学的文法まで)、機械学習(識別や分類のための最適化理論)、自然言語処理の勉強をします。言葉、言語、文法、哲学、人工知能に興味のある人、文の解析をやってみたい人、大量の文章から何か面白い知識を抽出したいと考えている人、機械学習や最適化理論に興味がある人を待っています。

愛媛大学情報工学科3年生向けの研究室紹介(PDF)のパンフレットもどうぞ。