研究室概要


 本研究室は,愛媛大学大学院電子情報工学専攻情報工学コース/愛媛大学工学部情報工学科に所属しています.主として,テキストデータや映像データの処理技術に関する研究に取り組んでいます.
 具体的には,基礎理論の研究を通じて得た知見を情報通信技術に応用することにより,情報通信社会の高度化を担う技術を開発しています.特に,自然言語処理や計算言語学,機械学習,情報圧縮,映像処理を研究対象としています.
 現在,教職員3名と学生17名の計20名により研究開発を行っています.本研究室の研究テーマに関心のある方とともに,研究活動に取り組むことができることを切に望んでいます.なお,担当教員の詳細については,下記のリンクを参照して下さい.


自然言語処理 信号・画像処理
担当教員 二宮 崇 准教授 担当教員 宇戸 寿幸 准教授
研究分野 自然言語処理 研究分野 メディア信号処理
研究内容 構文解析
機械学習
計算言語学
  → 詳細はこちら
研究内容 情報圧縮
映像処理
信号処理論
  → 詳細はこちら